SolemnAir

最初にカテゴリー「はじめに」をお読みください。(最初のご説明です)
Don't use texts and images in this weblog without permission. Copyright(C) 2003-2020 "SolemnAir", All right reserved.

【ツイッタログ11】
基本ツイッタまま。(読みやすくするための補正は多少いれています)
空白改行が1ツイート(1話題というべきか)。
時々何ツイートかで連弾仕様(最大で8ツイートくらい)。
眠たい時に大体電波受信するので、その旨の内容が含まれていることが多々あります。
「おやすみ」の前にだらだら書くのがデフォルトです。
手違いで2012.10-2012末までの二か月間はデータがとびました。
2013年7月中旬-2013年9月13日です。

英語はフィーリングでお楽しみください。

------------------------------------------------------------------------------


You're only one in the major part of someone.
And you're all the one for someone.
So don't mind your back.'Cause I can see it clearly.


怒ると疲れるんだよね。怒らないと溜まるんだよね。
笑って流せるのは才能か無関心かだよね。いいとかわるいとかではなくさ。


Don't ask me about it please.I can't tell you well.
So,I draw and put on it at the table. With name plate.


Yesterday was too bad.But so today may be better than it.

いろいろ考えてたら、楽と楽しいは違う場合があるな。
同じ場合もあるし。苦しいけど楽しい場合もあるし。そんなおはよう。


無理して自己主張しなくてもいいのよ、と。
いや、無理じゃないのか……
欲しくないものを欲しいってもらうのは(関係性にもよるが)なんか違うし、
欲しくないものを欲しくないって言えないのも(関係性にもよるが)なんかね?
相手のことを考える時、
「相手は自分ではない」ことを考えないと、どちらかといえば考えられてないに近いよね?
つまり、わたしはあなたではないので性質が違うわけで、
わたしに照らして配慮しない限り、変わらない。
あなたに照らして、はもう限界。



生死はいつも隣り合わせ。を体感してみ?人生観変わるよ。



基本的に素因数分解するのが好き。
どいつもこいつも1,2,3にかえればいい。
素数様はちょっとまって、カッコいい。


自分の「あてられやすい」を相手方に置き換えると「言いやすい」のか。
どの職場でも学校でも散々この性質で理不尽を感じましたが、
恐らくは「本人にストレスを与える他者からみたときの長所」なのでしょうな。
主体性が曲がるからな。それでみんなが上手くいけば本望だったからな。
思春期の家と学校の環境の影響をなめんな。
本人もそういう性質、だったしな。だから創作で大爆発したんだよ。
だから依存したんだよ。もう卒業しろよ。って思いながらきっとこのまま。
複雑な思考に単純な心。そんだけの生き物です。
自分が居ないことで場が上手くいくなら去るよ。
自分が居たい場所は去らない。
前述のような場が後述のような場であるはずがない。
これらを裏返すと居て問題ないなら抜けられない性質なんだ。



「落ちるだけ落ちたらもう失うもんなんかないし、
これ以上下なんかない。だから今の私は良くなるように今日動くだけなんよね(意訳)」
ねーちゃんはいつも肝心なとこは外さない。



I can't ask where you came from. 'Cause I don't know why I am here.



数は文字よりある意味で先に存在します。
わたしとあなたを文字にする前から、おそらく自分と他人という概念は存在し、
1や2というものではなくともカウントしたはずです。
その概念を数ではないと扱うならば、数は一体どこからきたのでしょう。
数字、は、数ではありません。数の文字です。数はもっと根幹的な概念の1つだと思っています。
どれほど教科としての数学を嫌っても、数の概念は生活から絶対に切り離せません。
雛に必要な餌の量をわからない親鳥では生きてゆけないと考えるからです。
数そのものは計算ではありません。おそらく、(個人的考えでは)数字でも値でもありません。
ただ世界の概念の1つです。捉え方によっては世界共通概念の1つです。
ただ「なにもないを表した」0、とそれ以外を表す数は、
私が居るか居ないかの問題と本質的に同じだと感じてしまいます。
本当に世界は数で構成されている、と感覚的に感じてしまうので、
上手く言えませんが、食物連鎖の上と下は一度に産む子供の数が比率的に違います。
そこに難しい計算がなくとも、
社会も自然も数があふれ、下敷きになって仕組みを構成しています(と感じます)。
ヘレンケラーが水が「みず」という名前を持つ、文字に概念を持たせていると
サリバン先生が教えたことは有名ですが、
ならばそれを理解する前、ヘレンケラーは水をどう理解していたんでしょうか。
水そのものは「解って」いたはずです。私にとって数はその話に近い気がしています。


エンターテイメンターって変だと思ったらエンターテイナーだよ。
問題はこれが含む範囲。かなり広義。方向性は1つじゃない。
だから自分に合った方向で突き抜けてゆくしかないのかな。
さ迷い易いわたしは何処に重点を置いてるんだろう?動く点Pと原点0の距離はいつも。
ある有名な作者が「エンターテイメントを勉強した(意訳)」というのが忘れられない。
正確な答えはないけど、私が思うものとは違うみたい。
(私の中で)技術と感性くらいに違う気がした。経験と知識みたいな。
でもそれでやってみせてるからきっとその人にはそれがエンターテイメント。
努力して学ぶことと、単に経験から知ること。この二つは違うけど、きっとどっちも大事。


だったらなんだって言うんだろう。
なんか全部棄てたくなってきた。
結局、「そう」かよ。自己不信か他人不信かわかんないなこれは。
なんだ愛想笑いでもしとけよめんどくせえ。
愛想笑いも疲れたんだよって。【全部自問自答の話。】
見返りなんざ、とか思いながら0ばかりへの掛け算はしんどくなる。
時々、だったら自分も0でって他人に成りたがる。
ちゃんと返ってきてるもので満足せずに欲張りになって。
そうして他の誰かの猿真似をするの?するの。
そうして成れずにまた0への掛け算の繰り返し。
我慢とか忍耐とか遠慮とか、なにそれ。なんでこんな想いしながら。
なにそれ。相手も相応な想いしてんの? この極端な性質やめろよ。
自分がしんどい。なんだこれ。ずっと「こう」かよ。
振り回してるのは他人か自分か。「かける言葉も見当たらない」いつだってそれで放置、終わる。
自分がそうであるほど他人はそうじゃないって何十年見てきただろ。
どこまでが自分の真意か解らないまま。

ログアウトなのか、そもそもログインできなかったのか。
いいえ、「そのアカウントは初めから取得されていませんでした」。

楽しかったかそうでなかったかと言われたら、「しんどかった」が正解。
自分に合ったペースで合った遊びをして初めて「楽しい」。


もし植物に顔があり言葉があったなら、宮沢賢治は食べただろうか?とふっと思った。


友達が記憶データをチップ化して低性能ロボット(人の形ではない)になる夢みた。
すっごい怖かったすっごい怖かったすっごい怖かった。
大事な人はあったかいままがいい。本当にそう思った。
記憶はあっても感覚の共有が一切できないことが、リアルすぎた。



-------------------

ツイッタ中に、受信した電波的内容語群。
ツイッタアカ  uamo27 (日常駄々漏れ、電波時々。)

JUGEMテーマ:つぶやき。


「自分定規」 - - uamo72
<< NEW TOP OLD>>