SolemnAir

最初にカテゴリー「はじめに」をお読みください。(最初のご説明です)
Don't use texts and images in this weblog without permission. Copyright(C) 2003-2020 "SolemnAir", All right reserved.

「折れた赤チョークでは訂正できない」
「なにがおかしいの?」
クラスの女子の大半が笑う中、彼女はそう言った。
一斉に誰もが振り返り、驚きを表したあとで睨みに変わった。

「その子が黒板に間違った解答を書いたことが?
 それともその子が一人だけ体操服を着ていることが?」
授業が始まる前に書かれた、数学の解答は残念ながらわずかに違う。
チョークで書かれた清楚な字は見るものに易しいだけに残念だ。
かつん、と赤チョークが落ちて折れた。

「どっちもよ!」
誰かが言った。
彼女はじろりと流し見る。

「間違うことは勉学の一環。
 間違いに気づくことは大事だし、間違いで気づくことは多いわ。
 体操服を着ているのは制服が誰かに破られたから。
 誰が破ったのか追求したほうがいいかしらね?」

手厳しい、痛めつけるような声。
当の本人は俯いて顔をあげない。

「なによえらそうに!」
「あんただって知ってて見てみぬ振りしてたんじゃないの!」

ふーっと息を吐いて、彼女は首を振った。
「えらそう?えらくなんてないわ。
 そうよ。見て見ぬフリをしたわ。
 でも、笑わずに、ちゃんと見てたわ」

わけがわからないとばかりに口々に反論が起きる。

「自分を正当化するつもりはないわ。
 ただし、あなたたちを正当化してやる気もないわ」

チャイムが鳴った。教師はまだ来ない。
体操服を着た本人は立ち上がると、教室から駆け出していった。

彼女はそれを追いかける。
背後から黒い声が刺す。

「次はあんたもよ。覚えておくことね」
彼女はちらりとも見ずに、そのまま出て行った。

「早く席につけよー」
二人がどこへ行ったのかと訊きもしない教師は授業を開始する。
ひそひそ声がして、くすくすと笑い声が立つ。

次はなにをしてやろうか?
あいつらにどんなことをしてやろうか?

教師は誤解答を折れた半分の赤チョークで訂正しながら説明をする。
一部は真剣にノートにまとめていく。

何も変わらない日々。
なにもおかしくない、普通の日々。

「間違えやすいからちゃんと気づけよ。
 これがこのまま正しい解だと思っていると
 ちゃんとした答えは出ないからな。
 あれ?っていう違和感に気づくことが重要だぞ」


その声が虚しく響く。

ちょうどその時、
彼女が、追いかけた手をつかんでいた。
二人の前で花壇の花が真っ直ぐ咲いていた。



---
裏題:閉鎖的空間と閉鎖的視野、未熟な思考
小説(短編) - - uamo72
<< NEW TOP OLD>>